アロマ空間デザイン

アロマ空間デザイン

アロマ空間デザインイメージ

ここではアロマ空間デザインについて下記をご説明しています。
■アロマ空間デザインが商業施設に何をもたらす3つの”商売繁盛”

  • 販売促進
  • 顧客満足度UP
  • ブランディング

■商業施設にどのようにアロマ空間デザインを導入すればいいのか

 

アロマ空間デザインは商業施設に何をもたらすのか?

カフェでいただくコーヒーの香りなど、日常の香りに無意識のうちに気持ちがほっと落ち着いたり、元気になったりするシーンが誰しもあります。

 

弊社のアロマ空間デザインはそんな「天然の植物の恵み(アロマ)が心身へ働きかけるさまざまな力」を活用して、商業施設の運営目的に活用、ご商売の活性化に役立てていただけるようにご提供してまいりました。

 

商業施設そのもののリアリティとアロマをマッチングさせ、施設と人をつなぎ互いが慕い合うような関係性を目指しています

 

それではアロマ空間デザインが商業施設に何をご提供できるのか、詳しくご紹介致しましょう。

 

アロマ空間デザインの3つの力

アロマ空間デザインの3つの機能性

 

天然100%の植物の恵み・アロマはさまざまな「心身へもたらす力」を持っており、アロマ空間デザインとして商業施設に活用すると、主に以下3つが期待できます。

  • 販売促進
  • 顧客満足度UP
  • ブランディング

 

販売促進
  • 第一印象をUPさせ、企業が提供するサービスへ興味関心を促す
  • リラックスを促し、サービスへの受容を高める

>もっと詳しく見てみる

 

顧客満足度UP
  • 待ち時間のイライラを緩和、サービスへの満足度をUP
  • 商業施設独特なにおいを緩和、快適性を高める
  • 施設の目的としている生産性を高める

>もっと詳しく見てみる

 

ブランディング

顧客の中で貴社の価値を高め、「他に体験できないサービスを提供してくれる場所」として存在を示し、継続的な愛着と利用を促す。
>もっと詳しく見てみる

 

 

企業は売り上げがないと存続できません。売り上げがなければ顧客の満足を得られるサービスも提供できません。

 

しかもインターネットの検索機能の飛躍的な向上もあり、顧客は「探せば選択肢がある」と知っており、満足できなければ他のお店を利用する自由度が飛躍的に伸びました。

 

「お店はお客様とのきずなや関係性を構築したうえでサービスを提供する時代」と言われて久しい中、これを自然な形で円滑にするのがアロマ空間デザインです。

 

3つの力を支える「心身に働きかけるアロマの力」

実際私たちは必要なモノをお店で探そうとしているとき、執拗に声をかけられることで「売り込みへの不快感」を感じるシーンがあります。

 

必要性や興味が間違いなくあってそこに立ち寄ろうとしているはずですが、「お店が提供しようとしているサービスをすぐに受容できるわけではない」といった反応は誰にでも起こります。

 

もしそこにお店に入った瞬間にこころをときほぐすようなアロマがお店にただよっていれば、心地よさを感じられます。

 

その先自然にスタッフ様との会話もはずめば、お客様は貴社に愛着を持つようになるでしょう。

 

このように幣社が創業当初からお客様にご提供させていただいているのは「商業施設に香りを付けるサービス」ではなく、「アロマの力を活用して商業施設を盛り上げる」といったところにあります。

 

アロマが心身に伝わるプロセス

アロマが心身に伝わるプロセス

 

嗅覚・視覚・味覚・聴覚・触覚といった五感は生命を維持するために欠かせない機能です。

 

その「生きるか死ぬかの命綱」の機能を持つ感覚器が脳に伝わるにも2つのルートがあります。
※聞きなれないかもしれませんが、わかりやすくお伝えします。

  • 大脳辺縁系:新皮質を介さず即本能行動を起こす
  • 新皮質を介す:知性の座を通して外から受け取った情報をじっくり正確に処理

 

嗅覚だけが新皮質を経由せず、ダイレクトに大脳辺縁系へ情報を伝える性質を持っているので、五感の中で嗅覚は最も異質。

 

においが大脳へ伝わる速度は0.15秒と言われており、すさまじい情報伝達速度は悪臭によって生命のリスクを回避するためにあるとも言われていました。

 

大脳辺縁系は情動をつかさどる扁桃記憶にかかわる海馬を含んでおり、アロマを活用して顧客のこころに働きかけ、お店で受けるサービスがより印象に残るように、おもてなしの意味で活用する企業が増えているのです。

 

 

それではアロマ空間デザインの3つの導入方法をご説明いたします。

 

どのようにアロマ空間デザインを導入するの?

アロマ空間デザインを導入する際に一番皆さんが口にするのが「どんな香りが自社の顧客に喜んでもらえるだろう? 自分たちの好みだと押し付けがましくないか?」といった疑問や配慮です。

 

良く皆さんからお聞きするそうした疑問・配慮にお答えしつつ、3つの導入方法をお伝えしますので、貴社に最適な導入方法はどれか参考にしていただけたらと思います。

  1. 貴社完全オリジナルデザインのアロマ
  2. 20種のアロマ・インテリアやお店のコンセプトに近いアロマをチョイス
  3. 機器だけ購入してアロマは自分達の好みで間に合わせる

 

完全オリジナルデザインアロマ

オリジナルデザインアロマ作成のメリット

 

完全オリジナルデザインのアロマは主に「世界にたった一つだけの香りを”自社の顔やPR・ブランドアイデンテティ”」にしてご活用いただくために作成します。

 

オリジナルデザインのアロマを作成する指針は主に6つ。

 

オリジナルデザインアロマ作成の6つの指針

  1. お店の雰囲気・企業理念・経営者のパーソナリティなど
  2. どんなイメージを顧客に伝えたいか(リラックス・爽快・清涼感など)
  3. 業種
  4. 顧客層
  5. 店内のインテリア
  6. 顧客の滞在時間

6つの指針に基づいて作成されたオリジナルデザインのアロマが、お店に溶け込みそうか、そして実際に拡散させてみて違和感がないか、貴顧客はお気に召していただけそうか?を考慮しながらいくつかのテスターをご案内いたします。

 

なお、完全オリジナルデザインのアロマを作成する場合はまずはコンタクトフォームからお問合せいただき、いくつかヒアリングを行わせていただきます。

 

問い合わせ

 

 

アロマ空間デザインプランニング

 

 

20種のアロマからチョイス:インテリアやお店のコンセプトに近いアロマを選ぶ

20種のブレンドオイルsupreme code aroma

 

幣社20種のアロマから、お店にふさわしい香りをお選びいただけます。

 

すでに製品化された20種のアロマを検討いただく際、以下の場合などに適しているでしょう。

  • 完全オリジナルデザインのアロマをゼロから考案するよりも時間がかからない
  • 1つのアロマに固定することなく気分や季節によって香りを変えたい
  • オリジナルデザインのアロマをオーダーする前に幣社の香りをトライアルしたい
  • 調香師によってしっかりとコンセプトメイキングされた品質の良いブレンドオイルが欲しい

まずはじっくりお好みのブレンドアロマをお選びいただけたらと思います。

 

20種のブレンドオイルsupreme code aroma

 

機器だけ購入してアロマは自分達の好みで間に合わせる

業務用アロマディフューザー・アロマシーンプラス

 

自社に合う業務用アロマディフューザーの相談と購入だけできればよく、アロマオイルは自分たちの好みで運用する、と言った場合も承ります。

 

現在「ちょうどいいコスパ」と「こんなにいい性能」がジャストミートした業務用アロマディフューザーアロマシーンプラスの販売キャンペーンとして、オリジナルアロマ1種を贈呈しておりますので、よろしければご活用ください。

 

業務用アロマディフューザーアロマシーンプラスの詳細

 

アロマシーンプラスキャンペーン

 

アロマ空間デザインの導入プロセス

アロマ空間デザイン導入プロセス

 

アロマ空間デザインの導入プロセスは以下の通り、お客様とのお打ち合わせによって進めさせていただきます。

 

ご検討→ご面談によるミーティング→オイルの選定→運用スタート→維持

 

 

まずは貴社がお考えいただいていることを下記お問合せフォームからお聞かせください。

 

問い合わせ

 

 

また下記からお客様に該当しそうなサービスをお選びいただき、弊社のサービスを心行くまでご活用いただけたらと思います。

アロマ空間デザイン記事一覧

ここではアロマ空間デザインがなぜ販売促進に役立つのかを分かりやすく解説しています。幣社が長年アロマ空間デザインを施工させていただいてきた経験や一般的な「消費者の消費行動分析」からお話しており、断定するものでもすべてに当てはなる話でもないという前提で率直にお伝えしております。アロマ空間デザインが販売促進に役立つ2つの理由第一印象をUPさせ、企業が提供するサービスへ興味関心を促すリラックスを促し、サー...

ここではアロマ空間デザインがなぜ顧客満足に役立つのかを分かりやすく解説しています。幣社が長年アロマ空間デザインを施工させていただいてきた経験や一般的な「消費者の消費行動分析」からお話しており、断定するものでもすべてに当てはなる話でもないという前提で率直にお伝えしております。アロマ空間デザインが顧客満足に役立つ理由3つ待ち時間のイライラを緩和、サービスへの満足度をUP商業施設独特なにおいを緩和、快適...

アロマによる企業のブランディングとは、アロマが人へ働きかけるさまざまな力を活用して「他のどの会社も同じ体験をさせてくれない特別なお店」としての印象を残すサービスを言います。現在香りの市場は3337億円に上り(2015年)、日常で香りに触れる機会は年々増える傾向にあり、「アロマをオフィスに香らせる」といったサービスは、特別なものでもなくなっています。OLさんが地下鉄の中で大好きなジャスミンのハンドク...

アロマ空間デザインとは「商業施設でアロマがふわっと香らせているサービス」のことを言い、その目的は「エッセンシャルオイルの効果をお店のサービスに役立つように活用すること」にあります。ここからはアロマ空間デザインの導入を検討される方に、ヘアサロンの事例をとおして導入までのプロセスをご参考いただけます。「自社でも導入できたら」とお考えでしたら、こちらのサイトをご参考下さい。アロマ空間デザイン導入のプロセ...

アロマ空間デザインの導入を検討している方に業務用アロマディフューザーの選び方のポイントや、導入前に知っておいたほうがいいことなどをお伝えするほか、ランキング形式でおすすめをご紹介しています。業務用アロマディフューザーはアロマ空間デザインを左右する極めて大きな要素です。国内のさまざまな業務用アロマディフューザーを活用してアロマ空間デザインを施行してきた経験から、失敗しないアロマ空間デザインをするには...

アロマ空間デザインの導入をご検討されている方に4つのトライアルをご提供しております。香りは目に見えないものですが人の記憶や脳裏に鮮明に焼きつく特性があります。心揺さぶられる演出を、トライアルにてご体験ください。お好きなメニューをご選択いただけます。業務用アロマディフューザーレンタルアロマ空間デザインデモンストレーションお試しアロマお問い合わせ業務用アロマディフューザーレンタルGRACESの業務用ア...

これまで商業施設や医療施設に多くの香りをお届けしてきた弊社は、このたび「個人のお客様のお家」にも香りをご活用いただきやすいようにシーンに合わせて9つのアロマをご用意しました。ねむりずらさ、認知ケア、気分の調整、感染症対策など日常で最も挙げられやすい気になる不調に対し、アロマの得意領域をお届けいたします。弊社の香り制作についてケアしたいけれどいつもやり過ごしている、そんな方にお届けしたいアロマがあり...

page top