アロマ空間デザイン

アロマ空間デザイン

アロマ空間デザインイメージ

 

カフェでいただくコーヒーの香りなど、日常の香りにほっとさせられたり、元気になったりするシーンが誰しもあるものです。

 

弊社のアロマ空間デザインはそのような「天然の植物の恵み(アロマ)が心身へ働きかけるさまざまな力」を商業施設にマッチさせ、施設と人をつなぎ互いが慕い合うような関係性を目指してきました。

 

 

ここではアロマ空間デザインが商業施設に何をご提供できるのか、具体的にご紹介したいと思います。

 

アロマ空間デザインの3つの力

アロマ空間デザイン3つの機能性

 

アロマはさまざまな「心身へもたらす機能性」を持っており、アロマ空間デザインとして商業施設に活用する理由は主に以下3つです。

 

 

  • 第一印象をUPさせ、企業が提供するサービスへ興味関心を促す
  • リラックスを促し、サービスへの受容を高める

 

  • 待ち時間のイライラを緩和、サービスへの満足度をUP
  • 商業施設独特なにおいを緩和、快適性を高める
  • 施設の目的としている生産性を高める

 

顧客の中で貴社の価値を高め、「他に体験できないサービスを提供してくれる場所」として存在を示し、継続的な愛着と利用を促す。

 

 

 

インターネットの検索機能の飛躍的な向上もあって顧客には膨大な選択肢があるため、満足できなければ他のお店を利用する自由度も飛躍的に伸びました。

 

「お店はお客様とのきずなや関係性を構築したうえでサービスを提供する時代」と言われて久しい中、これを自然な形で円滑にするのがアロマ空間デザインです。

 

 

 

3つの力を支える「心身に働きかける機能性」

服選び

 

私たちはをお店で執拗に声をかけられると「売り込みの不快感」を感じます。必要があって店内に入っても、「サービスをすぐに受容できるわけではない」といった反応です。

 

一方アメリカ発のファッションブランドアバクロや、国内でもよく見かけるAZULは、店内に若年ターゲット層が好みそうなケミカルフレグランスを流して店内に誘引することに成功したブランドと言われます。

 

 

お店に好印象な香りがただよっていれば警戒心なくお店のサービスを受け入れられますし、その先自然にスタッフ様との会話もはずめばお客様は貴社に愛着を持つようになるという特性が活用された例です。

 

 

幣社は端的に商業施設に合成香料を付けるサービスではなく、創業当初から天然100%の香りだけを提供し続け、商業施設の快適性や雰囲気を向上するといったところにフォーカスし続けています。

 

 

心身にアプローチする天然香料

大脳辺縁系

外側から新皮質・大脳辺縁系・脳幹

 

 

嗅覚・視覚・味覚・聴覚・触覚といった五感は生命の命綱と言える機能で、以下2つのルートを通して脳と関わっています。

 

  • 大脳辺縁系を介する: 新皮質を介さず即本能行動を起こす
  • 新皮質を介する: 知的機能である新皮質を介して、情報をじっくり処理

 

 

においが大脳へ伝わる速度は0.15秒と言われており、この情報伝達速度は生命のリスクを回避するためにあるとも言われていました。

 

嗅覚だけが唯一新皮質を介さず、ダイレクトに大脳辺縁系へ情報を伝える性質を持っているので、五感の中で最も異質と考えられています。

 

そして大脳辺縁系は感情・情動をつかさどる扁桃や記憶にかかわる海馬を含んでいるために、この特質をビジネス上で有効活用する企業が増えているのです。

 

 

 

それではアロマ空間デザインの導入方法をご説明いたします。

 

アロマ空間デザインを導入する4つの方法

 

ここからはアロマ空間デザインを導入いただく4つの方法をお伝えしますので、貴社に最適な導入方法がどれに該当しそうかをイメージしていただけたらと思います。

 

  1. 貴社完全オリジナルデザインのアロマを製作
  2. 既存の弊社製品から、お店のインテリアや雰囲気に合いそうなものを選択
  3. 機器だけ購入してアロマは自分達の好みで間に合わせる
  4. 自社のディフューザーで弊社製のアロマを活用する

 

@貴社完全オリジナルデザインのアロマを製作

調香

 

機器とアロマ:御社にマッチするタイプをご提案

 

完全オリジナルデザインのアロマは、世界にたった一つだけの香りです。貴社の顔やPR・ブランドアイデンテティにしてご活用ください。

 

オリジナルデザインのアロマは、お店に溶け込みそうか・実際に拡散させてみて違和感がないか・貴顧客はお気に召していただけそうか?を考慮しながら以下6つのポイントで作成しています。

 

 

 

▼オリジナルデザインアロマを作成する6つのポイント

  1. お店の雰囲気・企業理念・経営者のパーソナリティなど
  2. どんなイメージを顧客に伝えたいか(リラックス・爽快・清涼感など)
  3. 業種
  4. 顧客層や男女比
  5. 店内のインテリア
  6. 顧客の滞在時間

 

 

こられのポイントで製作した貴社完全オリジナルデザインのアロマをいくつかテスターとしてご提案、一番イメージに合いそうなものをデモでお使いいただき、香りの広がり方をご体験下さいませ。

 

機器につきましては、店舗の広さやご予算などから最適なタイプをおすすめ致します。

 

 

 

A既存の弊社製品から、お店のインテリアや雰囲気に合いそうなものを選択

20種のブレンドオイルsupreme code aroma

 

アロマは弊社既存製品、機器はテストで選ぶ

 

機器は御社にマッチするタイプをご提案、アロマはすでに商品化された幣社製からお店にふさわしい香りをお選びいただけます。

 

 

その場合以下のようなご希望があれば適しているでしょう。

  • 完全オリジナルデザインのアロマをゼロから考案するよりも時間がかからない
  • 1つのアロマに固定することなく気分や季節によって香りを変えたい
  • オリジナルデザインのアロマをオーダーする前に幣社の香りをトライアルしたい
  • まずはお試し的に調香師によってとコンセプトメイキングされた品質の良いブレンドオイルが欲しい

 

まずはじっくりお好みのブレンドアロマをお選び下さいませ。

 

 

機器につきましては、お店の広さやご予算などをお聞きしてから最適なタイプをご提案、実際にデモを行って比較・ご判断いただきます。

 

 

B機器だけ購入してアロマは自分達の好みで間に合わせる

カーディーラーでの業務用アロマ使用

 

機器だけ購入する

 

自社に合う業務用アロマディフューザーの相談と購入だけできればよく、アロマオイルは自分たちの好みで運用する、と言った場合も承ります。

 

弊社は1社だけでなく主要な業務用アロマディフューザーを取り扱っておりますので、比較ご検討いただくためのデモも有効活用いただけることと思います。

 

はじめに機器をご購入いただいた後の香りのご相談はいつでも承ります。

 

 

 

 

Cアロマだけ購入して機器は既存のものを使用

 

アロマだけ購入する

 

これまでご利用されていた業務用アロマディフューザーを引き続き活用され、アロマは顧客層に合わせたもので選定されたいときにこのパターンをおすすめします。

 

この場合は@のように貴社完全オリジナルのアロマを製作するか、Aのように弊社製品の中からお好みの香りをお選びいただけます。

 

 

 

アロマ空間デザインの導入のご相談を

 

アロマ空間デザインの導入プロセスは「ご検討→ご面談によるミーティング→オイルの選定→運用スタート→運用維持」といったようにお客様とのお打ち合わせによって進めさせていただきます。

 

まずは貴社がお考えいただいていることを下記お問合せフォームからお聞かせください。

 

お問い合わせ

 

 

アロマ空間デザイン記事一覧

アロマによる企業のブランディングとは、アロマが人へ働きかけるさまざまな力を活用して「他のどの会社も同じ体験をさせてくれない特別なお店」としての印象を残すサービスを言います。現在香りの市場は3337億円に上り(2015年)、日常で香りに触れる機会は年々増える傾向にあり、「アロマをオフィスに香らせる」といったサービスは、特別なものでもなくなっています。服の柔軟剤やハンドクリームなどの量販製品までにさま...

感覚体験は顧客ニーズに対する満足感を向上させるだけでなく、長期にわたって顧客の記憶に残り、他社を追随させない力があります。ここでは、感覚体験として大きな力を発揮する嗅覚に着目、企業が競争優位性を勝ち取るための方法として香りを活用するのがなぜ有効なのかをお伝えします。ハーレー・シンガポール空港・ダブ・ケロッグなどの企業に見る感覚体験を提供するブランディングハーレーダビッドソン・シンガポール空港・ダブ...

「顧客に複数の感覚体験を提供すると、商売に有利に働く」というトピックについて、実際の実験や具体的に導入する際の切り口をご紹介しています。ブランドに関連する視覚と嗅覚を合わせた実験ブランドに関連する視覚と嗅覚の実験として脳をスキャンして「脳領域のどこが活発になっているのか」といった調査が行なわれています。※ニューロコ社以下の報告のように、視覚だけの場合と比べると「視覚と嗅覚を同時に体験できるブランド...

ここでは幣社が長年アロマ空間デザインを施工させていただいてきた経験や一般的な消費行動から、アロマ空間デザインがなぜ販売促進に役立つのかを分かりやすく解説しています。アロマ空間デザインが販売促進に役立つ2つの理由長時間滞在を促してリラックスを促し、サービスへの受容を高めるFor evry additional minutes a shopper spends at a bussiness, thei...

お客様に購入動機らしきものをお聞きになり、あまりにあっけない一言フレーズが飛び出してきて驚いてしまった経験はありませんか?コカ・コーラやユニリーバのような巨大企業をプロデユースしているマーティンリンストローム氏によると「モノを買った理由を聞かれても誰一人答えられない。せいぜい買いたかったからというような言葉が出るだけ」だと言います。現代人の消費行動における意思決定について、アントニオダマシオのソマ...

ここではアロマ空間デザインがなぜ顧客満足に役立つのかを、経験や一般的な消費行動からお伝えしています。アロマ空間デザインが顧客満足に役立つ3つの理由待ち時間のイライラを緩和、サービスへの満足度を高めるクリニックの待ち時間などで長時間待つ時間はイライラしがち。いざ順番が来た時はイライラの熱量は上がっているので、ちょっとしたことでも不満を漏らす顧客が多いというのはよくお聞きします。アロマ空間デザインはア...

現代の高級は、価格だけに依存しない「感性の高級感」である高級という言葉の意味は価格がいかに高いか?に焦点があてられることが多いですが、感覚的消費が当たり前になった現代では高級の意味が少し異なる場合が多いようです。自分にとって心地よさを感じられるか? 以前より気分が良くなれるか? といったような感覚的な要素が高級感に繋がると言います。感覚的な要素が高級感として受け止められる点については、高級を上質と...

ここでは弊社が一企業のためにご提供している完全オリジナルデザインのアロマがどのように生まれているか?をお伝えしています。これまで香りが生まれるまでのプロセスをあえて公表してきませんでしたが、御商売のサポートのためのアロマ空間デザインをご一考いただくために参考いただけたら幸いです。企業が顧客に伝えたい企業理念・メッセージを香りに置き換えるクライアントのウエブサイトご依頼をいただいた企業のウエブサイト...

ここでは香りマーケティングが持つ効果を「ブランディング・記憶に残す・科学的根拠」といった3つの視点からお伝えしています。香りマーケティングとその効果エッセンシャルオイルと呼ばれる天然の香料は、人間の感情や気分に働きかけ、一瞬で行動を左右する力を持っています。2000年代前後から国内ではレクサスが先駆けてこのような香りの力を活用し、そして今ではいたるところでな香りを流すサービス(アロマ空間デザイン)...

日本における香り付き個人商品市場の成熟1990年代香り付きの製品の多くは、トイレやシューズボックス用の芳香剤に見られるように「気になる匂いをキツイ合成香料で被せる」といった意味合いのものががほとんどでした。2000年半ばころから衣類の不快な匂いを防ぐためのケミカルな柔軟剤が登場、2020年現在は合成香料を巧みに掛け合わせて香水のような香りがする数種の香りのラインナップがお店に並んでいるのをよく見か...

アロマ空間デザインの導入を検討している方に業務用アロマディフューザーの選び方のポイントや、導入前に知っておいたほうがいいことなどをお伝えするほか、ランキング形式でおすすめをご紹介しています。お伝えするのは国内のさまざまな業務用アロマディフューザーを活用してアロマ空間デザインを施行してきた実績から、失敗しないアロマ空間デザインをするにはどうすればいいのかといった実務的な視点からです。業務用アロマディ...

これまで商業施設や医療施設に多くの香りをお届けしてきた弊社は、このたび「個人のお客様のお家」にも香りをご活用いただきやすいようにシーンに合わせて9つのアロマをご用意しました。ねむりずらさ、認知ケア、気分の調整、感染症対策など日常で最も挙げられやすい気になる不調に対し、アロマの得意領域をお届けいたします。弊社の香り制作についてケアしたいけれどいつもやり過ごしている、そんな方にお届けしたいアロマがあり...

page top