ブランドに関連する視覚と嗅覚の感覚体験

ブランドに関連する視覚と嗅覚の感覚体験

森林のドライブ

弊社はカーディーラーさんに、森林を駆け抜ける香りをご提供することが多いです

 

弊社は「顧客に複数の感覚体験を提供すると、商売に有利である」というようにお伝えする機会が多いです。

 

その参考となる実験をこちらでご紹介します。

 

脳をスキャンして「脳領域のどこが活発になっているのか」を調査する会社ニューロコは、ブランドに関連する視覚と嗅覚の実験を行いました。

 

視覚だけの場合と比べると、「視覚と嗅覚を同時に体験できるブランド」が高評価を得られやすいと言うのです。

 

ここではその実験の詳しい模様と、商業施設で香りをブランディングに取り入れる有効性についても触れています。

 

ブランドに関連する視覚と嗅覚を合わせた実験

レモンの香り

 

ニューロコ社が行ったブランドに関連する視覚と嗅覚の実験の詳細は以下の通りでした。

 

下の商品に関する画像とその匂いについて9段階の評価をしてもらう。

  1. ジョンソンアンドジョンソンンのシャンプー
  2. ダヴの石鹸
  3. 世界的に知られるファストフードチェーンのメニュー

 

3の実験の例としてはフィレオフィッシュサンドイッチの画像の時にレモンのさわやかな香りを嗅ぐようなケース。
この場合ファストフードの画像の閲覧と関連する香りを嗅ぐという「同時の感覚体験」が起こり、視覚と嗅覚が連動、画像と香りが別々に評価される場合よりも高い評価が得られやすかった。
※ファストフードチェーンのメニューは実物ではなく画像でしたので、「食欲を刺激されたから」という単純な理由で片づけられるものではなさそうです。

 

また、実験全体を通して以下2つが結論付けられる

@画像と匂いを別々に嗅いでもらう場合:ほぼ同じ評価がつけられた
A画像と匂いを同時に嗅いでもらう場合:1より魅力的だと評価された

 

この実験に関わったカルヴァート博士によると、以下2つの結論が提示されました。

 

  • この視覚と嗅覚の同時感覚体験は、”心地よいと感じる右内側眼窩前頭皮質”をはじめとした脳のさまざまな領域を活性化させる
  • 魅力的な香りと画像が組み合わさると、心地よいだけでなく、鮮明に記憶される可能性が高くなる

 

それではこの視覚と嗅覚の感覚体験について、私たちが商業施設で有効利用できるわかりやすい事例を挙げてみたいと思います。

 

ブランド・お店の商品やサービスに関連する香りを活用すると有利

ヘアケア商品

Find ways for products and service to take the sensory experience by addressing the product's sensory potentiol.
Find new avenues that make contextual sense for your product.
製品やサービスのポテンシャルに注力して感覚体験をする方法を見つけてみよう。
製品が持っている文脈上の感覚に新しい道をみつけよう。
‐Martin Rindstrome‐

 

上の例を美容室に当てはめてみましょう。

 

例えば「飲食店の揚げ油が立ち込める雑居ビルに入るヘアサロン」などは匂いによってサロンの印象は下がりやすいというように考えられます。

 

心地よくシャンプーを受けている間に、ヘアサロンと関係のない揚げ油の匂いが匂ってきたら、顧客はやはり違和感を感じガッカリしてしまうものです。

 

逆にヘアサロンを象徴するかのようにデザインされた香りがふわっと香っていれば、顧客から好印象を受けやすくなります。

 

頭皮をマッサージされながら、施術台の上で宙に浮いたような感覚、うとうとと眠りにおちながら夢の中で嗅いでいるのか現実なのかうつつの状態で頭上に花の香りがただよっていたら極上の感覚体験となるでしょう。

 

 

 

こうした雑居ビルでの匂い対策は、弊社のアロマ空間デザインの施工実績からも言えるお話です。

 

 

 

こちらの記事で「顧客に視覚だけでなく香りや音などを組み合わせて複数の感覚体験を提供すると商品やサービスへの高評価を得られやすい」という詳細をお伝えしています。

 

カルヴァート博士の実験は商業施設で「顧客に複数の感覚体験を提供することで、商品やサービスへの印象や評価はよりよいものとなりやすくなる」と考えられるのです。
>>その詳細

 

弊社ではこうした実際に行われたマーケティングのエビデンスを重視、さらに天然の香り成分についての科学的根拠をベースにした調香で商業施設にアロマ空間デザインを施工しております。

 

ご興味いただいた会社様に香りのテスターをお送りするなど行っておりますので、お気軽に下記にてお知らせください。

 

 

 

■参考書籍:
Martin Rindstrorm

  • 五感刺激のブランド戦略
  • Buy・ology
  • Brand Washed

 

博報堂 「五感」の時代

page top