ABOUT US

about us

graceslogo

【代表経営者】 雨宮悠天
【創業】 2011年2月13日
【所在地】
本社 宮城県仙台市青葉区中央4-9-15仙台中央マンション802 ☎0222900219
大宮事業所 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-446-2-268  ☎0487004971
【営業品目】
クリニックのためのアロマ空間演出
医療従事者のためのセラピストスクール
美の向上と体質改善を目的としたエステティックサロン
ライティング・執筆・ヘルスケア指導:専門分野は薬学を基礎とした療法【サプリメント、ニュートリション(栄養療法)、メディカルアロマセラピーケア、ハーバルケア、美容】
【事業のあゆみ】
2011年 創業一月後、東北大震災が発生。震災後の不安と緊張緩和のためのケアを継続的に行った。その活動の中で、最も特徴的な取り組みの一つに「荘厳な寺院でのヨガ」がある。この取り組みの一つに、仙台の人の平穏のために、ヨガと寺院の空間の中に白檀等の香りを焚き、心のケアを行うものであった(※1)。
2013年 JAAフレグランスコンテスト入賞
2014年 FMいずみにてレギュラーラジオ「香る毎日」がスタート
伊達正宗の霊廟円通院にて薔薇香の演出を行い、12000人の来場者から高い評価を受ける。
JAAフレグランスコンテストグランプリ受賞。
tedex@tokyo(※2)にてティーンネイジャーに向けて「五感感覚と創造性」について英語によるワークショップを開催。
2015年 tedxe@tokyo(※2)にて英語による「劣等感と自己成長」に関するセミナーを開催。
クリニックのためのアロマ空間演出クライアント施設様より、健康増進を目的とした提携先サロンとして要請を受ける。
2016年 大塚製薬株式会社様より要請を受け、アロマセラピーによる乳がん予防のセミナーを開催。

【基本理念】

弊社がご提供させていただいているのは、いにしえから賢人たちが使ってきた植物のめぐみ使う療法です。それはアロマセラピーと呼ばれ、生命が本来自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、自然治癒力を高め、増進することを目的としています。取り組みの中で特異な「医療施設でのアロマ空間演出」を可能にしているのは、「薬学をベースとした植物化学を駆使できる技術」と、「調香の分野で実績を積んだことによって提供できる技術人が心地よいと感じられる香創り」を融合させていることにあります。

五感は、生きる力を創るための基本的な感覚であり、自然由来の香りは、ストレス過多な現代人にとって、心地よい潤滑油となります。五感を通して、心と体の健やかさが向上するお役にてますよう今後なおいっそうの自己研磨の精神にて社会に貢献して参ります。

【代表者略歴】

東北学院大学法学部株式会社法専攻卒業後、10年間の国内最大大手金融機関で数々の受賞を受け、業界新聞より取材を受ける等の功績を積む。その傍ら、心身のバランスを崩したことにより、人の真の健やかさについて考える機会を得る。自らの療養の経験から、「現代医療の確実なエビデンスに基づく療法」と、自然治癒力を高めるための「薬学をベースとした植物化学療法」を習得する。

【所属協会とその位置づけ】
日本アロマコーディネーター協会 医療従事者のためのセラピスト養成校
日本メディカルハーブ協会 療法家養成のための認定校
日本ホリスティック医学協会 専門会員
【取引銀行】 ゆうちょ銀行 東京三菱UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 七十七銀行  ジャパンネット銀行 楽天銀行
【主な取引先】アロマスター アットアロマ  コモンズ 生活の木 プリマヴェラ カリス成城 等

弊社理念の根幹にあるのはホリスティックな考え方です。
ホリスティック(holistic)は ギリシャ語のholos(全体)を語源としており、
Health(健康)もそこから派生したといわれています。
それは、お客様が「調子が良くない」と仰るからだの一部分だけを見るだけではありません。
不調が表れる部分を、身体の全体とのバランスをはかりながら、
よりよい方向性を探っていく実直な活動を基に療法を行っていきます。
また、お客様の日常生活である会社やご家庭という社会的な環境も含めた全体を見る視点で、療法家とお客様が一緒になってQOL(quolity  of  life)を高めていくことを目的としています。
弊社の専門分野として特にお客様に提供させていただくのは、
いにしえから賢人たちが使ってきた、 植物の薬理効果による療法です。
古来、痛みがあるときに植物の恵みをつかってそれを緩和し、日々の暮らしに役立ててられていたように、
アロマセラピーやメディカルハーブを使って心身の質を上げていくことは、
新しいようでいて、実は昔からあった考え方を現代もなお受け継いでいるにすぎません。
このようなホリスティック療法や植物化学療法の分野は、
自然治癒力を引き上げていくことを得意とする療法領域です。
生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、
この自然治癒力を高め、
増強することを療法の基本としています。
【基本姿勢】
1.お客様がよりよくなっていく過程を補佐
お客様が体質を改善したり、身心がよりよくなっていく事において、
その中心は御客様であり、療法家はあくまでもサポート役です。
ですが、情報過多の時代にどの方法を選んでよいのかわかりずらくなっている中、
専門家としてお役にたてるのは、効果的な方法をお客様に提供し、
心身の改善のために時間や労力の短縮をして差し上げることにあります。
2. お客様が自ら取り組める効果的な方法やエクササイズを選択する
植物化学療法のほか、ニュートリション(栄養療法)、や運動療法、など
お客様が自ら取り組みやすい分野での代替療法をコーディネート・選択し、QOLの向上に寄与します。
3.症状の意味への気づき
症状を単に否定的にとらえるのでなく、むしろその意味に気づき、
毎日の中で、より深い充足感のあるQOLを目指します。