化粧崩れ防止のメイク方法 | 雨宮悠天のレギュラーラジオ香る毎日@FMいずみ

化粧崩れ防止のメイク方法 | 雨宮悠天のレギュラーラジオ香る毎日@FMいずみ

化粧崩れ防止のメイク

 

 

 

今年も記録的な暑い夏でした。

 

女性は日焼け対策してみたものの、すぐに化粧崩れを起こすなどお困りではありませんでしたか? 

 

今月の”雨宮悠天のレギュラーラジオ@FM泉香る毎日”は、化粧崩れ防止のメイク方法についてお伝えしましたのでご参考ください。

 

 

放送の音源はコチラ↓

化粧崩れの原因は?

 

化粧崩れの原因は乾燥を防止するために出た大量の皮脂です。

 

メイクが崩れないように下地やBBクリームなどを使う人は多いと思いますが、これらはパウダー状のメイクのノリや持ちが良くなるように油分でできています。

 

そう、過剰に分泌された皮脂の油分が下地を浮かせて化粧崩れが起こっているんです。

 

化粧崩れの原因

 

夏は汗をかくのでなんとなく乾燥とは無縁に思えるのですが、汗をかいてお肌の中に水分がなくなっているので、皮脂を大量に出して乾燥を防いでいるのです。

 

 

化粧崩れを防止するための方法

 

化粧崩れ防止の方法

 

化粧崩れを防止するための方法として2つおすすめします。

 

  • スキンケア
  • メイク

 

 

化粧崩れが起こりにくいスキンケア

化粧崩れ防止のスキンケア

 

化粧崩れの原因は乾燥防止のために大量に分泌される皮脂が化粧下地ごと浮かせているといった点でした。

 

このため汗をかいてお肌の中の水分が奪われやすい夏は、メイク前の保湿ケアを以下のように普段よりも入念に行いましょう。

 

  • メイク直前のスキンケアで化粧水を二度付けする
  • 夏でも乳液やクリームなどのケアをしっかり行う
  • 就寝前にシートマスクを使ってたっぷり保湿成分を皮膚に浸透させる

 

また私からの裏技的おすすめは、「特に紫外線が強い夏に普段の基礎化粧品を美白タイプにする」といったスキンケアです。

 

8月は紫外線が強いとわかり切っています。どんなに日焼け対策をしても多少は焼けてしまいます。

 

ですから、お肌の中に「予めメラニンの活動を抑制する成分をスキンケアで仕込んでおく」のです。

 

美白化粧品を「日焼け後」に使う女性が多いと思いますが、事前に使う方が実は手堅いんですよね。

 

ビタミンC誘導体や、アルブチンといった比較的安全な美白成分を含む化粧水をたっぷりお肌に含ませ、「初めからシミの進行を抑制」するのです。

 

 

化粧崩れを防止する下地選びをしてメイクをする

化粧崩れ防止の下地選び

 

化粧下地選びにもこだわってみるのがおすすめです。

 

私から化粧崩れを防止する下地のおすすめポイントを挙げるとすると2つあります。

 

  • 皮脂を吸着する成分が含まれている(シリカ、ヒドロキシアパタイトなど)
  • 「皮脂の過剰分泌を招く乾燥」を悪化させない保湿成分(保湿成分:コラーゲンセラミドヒアルロン酸など))や水分を調整する成分(シリカなど)

 

 

また皮脂を気にする女性は同時に毛穴目立ちもお悩みですよね?

 

毛穴目立ちを下地でケアしたいときにおすすめのポイントも挙げておきます。

 

  1. 毛穴目立ちの悪化を防止する抗酸化成分(ビタミンEなど)
  2. 凸凹や目立つ毛穴をぼかして地肌の発色を良く見せる天然鉱石(チタン、マイカ、シリカなど)

 

1つめについては…
毛穴の広がりは、皮脂の酸化によってダメージを受けた毛穴がすり鉢状に広がっていくことで起こります。

 

ですから毛穴から分泌される皮脂の酸化を防ぐ抗酸化成分が有効になるんですよね。

 

2つめについては…
すでに凹凸状になっている毛穴をメイクでカバーしたい(隠したい)場合は、ミネラルに光を当てて反射させると、目立つ毛穴はぼかせるといった原理になっています。

 

 

いったいこうした下地はどんなものなのか?一例を挙げると、2つ。

 

  • アスタリフトホワイト?パーフェクトUVソリューション (1つで下地と日焼け止め兼用)
  • コーセーの澄肌

 

いずれも下地だけでなく、皮脂の調整成分、保湿成分、毛穴ケア成分が含まれてますのですごいですよね^^

 

ちなみにアスタリフトホワイト">アスタリフトホワイトの使用感は下記の通り。自然な仕上がりですね。

 

アスタリフト

 

 

まとめ

 

今月の香る毎日は化粧崩れ防止についてお伝えしました。

 

日差しは非常に強いので、うす付けや崩れたままのメイクでは紫外線に負けてしまいますよね。

 

化粧崩れ防止対策をしっかり行えば日中出かけている間中、それを気にせずにいられますから、まずはお試しになってみてくださいね。

 

TOPページへ

page top