aromacology

頭で考える人は、「香りの演出」の事を
ただの”香りの噴霧”だと考えてしまう。

100%の人がそうであるように、
香演出を単純な香りの噴霧だと考える方も
疲れたときのコーヒーの香りや、
食欲が失せる夏のスパイスシーなエスニックの香りに
当然体が反応します。
実はこれら香りと食欲と精神が繋がっているメカニズムと、
施設での香の演出で期待できる事は何ら変わりありません。

「施設内で気兼ねなく何時間でも滞在してほしい=施設内での滞在時間を増やす」
という目的の香りの施策をすれば、
顧客はリラックスして店員と話しやすくなり、それだけキャッシュポイントも当然増えます。

単純な香りの演出としてではなく、業務用の香りの演出の本質は

”顧客へのある目的を持った
おもてなしの意思表示と
顧客の心身がコミュニケーションすること”
です。

業務用アロマグレイシーズの香演出の本質は、 顧客と施設のコミュニケーション

 

 

 

 

 

 

 

 

目に見えない香りですが、
人間の言動の多くを支配している意識下を自然な形で癒し、
またそれに対してポジティブな刺激を
送るメカニズムを持っています。

コーヒーの香りで癒されたときと同様に、
顧客に何らかの香りの作用を適用することができます。

業務用アロマの使い方は
まさに 施設それぞれの特質を活かしたオーダーメイド。
香りでどんなおもてなしの意思表示をするか?
そして来訪者がそれをキャッチする様子を注意深く観察するのも
興味深いことです。

顧客の動向や好み嗜好がこうしたことで見えてくるのは実に興味深い事です。

 

商業施設のための業務用アロマサイトへ戻る ☛  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です