不眠について -精油と茶剤でできる不眠防止策-

最近
「なかなか眠れない」とか
「睡眠導入剤を飲んでる」という方に立て続けに出会いました。

次第に秋に近づく夏の終わりの時期ではありますが、
一般に言われる 「秋の極上の眠り」とは真逆、
季節がいつであろうと眠れないというケースです。

偶然にも年配の方々が続きましたが、
薬への耐性が弱まる時に出されるそうした薬が
決していいことばかりでないのは確かだな・・・
と思いながらお話を伺っていました。

不眠が起こるメカニズムはごく簡単に言って
就寝しようとしても
脳内が「過活動」になった状態で、
休まることができない事をいいます。

社長のような重責なお仕事をされていると、
就寝時であってもあれこれと 業務のことを考えてしまいがちで、
特に、お医者さんや、緻密なお仕事をされている方こそ
不眠の方が多いことも確かです。

 

そんなときに、教科書通りの安眠のアロマだけでなく
その人それぞれに嗅いで心から安らげる香りが何か?
ということを重視して香のブレンドを行わせて頂きます。

 

また、女性のようにお茶を入れる習慣のある方には、
安眠ブレンドの茶剤を処方することもあります。
IMG_0052

↑こちらはリンデンや、カモミールなどのブレンドティ。

 

 

秋の夜長と
極上の眠りが一緒に楽しめるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です