男性の内臓脂肪について

当サロンでは一般男性の施術はお受けしていませんがダイエット指導はどなたでも承ります。

男性の身体の部分で一番ぜい肉がつきやすいのがお腹まわりです。

「お腹にぜい肉が付くのに他はわりとほっそりしてる。なんででしょうか?」というご質問は圧倒的に多いです。

男性の場合は、女性と違って皮下脂肪ではなく内臓脂肪につきやすい性質があります。

内臓脂肪は腸に蓄積する脂肪細胞で、ただの脂肪ではなく代謝コントロールにかかわるホルモン分泌器としての役割もあります。
以下のとおり体重が増える(脂肪の蓄積)ことでメタボチックシンドロームのドミノが起きやすくなります。

体重が増え始める

ダウン

内臓脂肪が増えだす

ダウン

内臓の中の脂がMAXに

ダウン

善玉ホルモンが減って行く

ダウン

血糖値↑

血液がどろどろ

血圧↑

悪玉の要素が増える

ダウン

血圧、血糖、脂質異常

ダウン

肝臓にも脂肪がたまり、肝機能の状態も悪くなる

ダウン

メタボ&生活習慣症状4重奏

1391117

男性でお腹を出したくなかったら、腸内に気を遣うことが大切なのが分かります。

当サロンではメタボや脂質・血圧異常を気にする男性には腸内環境を整えることをお勧めしています。

腸内環境を整えることで血圧や血糖、肝機能の状態も改善されることが分かっており、腸内の環境がある程度整うことがダイエット効率に直結するからです。

内臓脂肪でお困りの男性は一度御相談下さい(カウンセリング無料、なお、男性の施術は行いません)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です