不完全な自分を喜べる方法 -スカーレットヨハンソン-


少し前に、

ケイトウインスレットと スカーレットヨハンソンが

素顔をSNSに投稿したことが話題になりました。

中でもスカーレットヨハンソンの

若い世代へ向けての思い溢れる言葉は、

驚かされますよ・・・

ハリウッドにはびこるフォトショップ加工と動画編集が、

若い少女たちの美しさに対する間違った理解を助長していると懸念を示し・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それらの化粧、見かけ倒しの服の裏には、

普通の女の子(スカーレット自身)が、

たまたま特別な仕事をしているという事実があるだけで、

少女たちは、そのルックスの裏には、

たくさんのデザイナーやメイクの人がいること、

そしてPhotoshop加工や動画編集がなされていることを、

ちゃんとわかっていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と言ったように

自身を普通の女の子と言い、

その自分が「たまたま特殊な仕事をしてるだけなのよ」

と言えるのがこの人の凄みだと思わされます。

確かに、後悔されたスカーレットの素顔は

あどけない表情をしてて、

それがまた好感が持てます。

米国歌手マドンナの感じる究極の美に関して

以前、 「自らが幸せであると感じる事」 という記事を書きました。

彼女のような世界中にファンがいる人が 

「ショウやアワードで ”世界一美しい称号” をもらったとしても

 自分自身が不幸だって思っていたら、

 とても自分自身を美しいとは思えないはずでしょう?

 大切なのは自ら満たされることで、

 美しさとは内側から沸き起こるようなもの」

とも言っていることと共通していますね。

このブログでは

「キレイになりたいなー」

と思うなら、

行動しないことよりもまずは行動できる下地を創ろう、

というメッセージが多いですが、

決して 「無理な事」 を投げかけている訳でもありません。

サロンのお客様でよく、

「私は雨宮さんみたいにストイックになれないけど

 よくなりたい気持ちだけはあります」

というようなコメントを頂く事が多いですが、

私は

「望んでいる人に最良の方法を提供する立場」なだけでもあります。

自分でいられないような 美容なんて、存在しなくてもいい と思っています。

このスタンスで全てをお伝えしています。

 Scarlett Johansson・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美しく見えることは、そういいことではないです。

ありのままのあなたを受け入れて愛することです。

そうしたら、化粧なしでも鏡を見ることができ、

大きく微笑みながら、不完全な自分自身を喜ぶことができます。

自分が自分を愛せなかったら、誰があなたを愛せるというのでしょう。

だから、最初に、そして何より先に、

世界が望むあなたではなく、

ありのままの自分を愛することを学びましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                             

自分以外になろうとするとき、

それは既に美しくなれないことを意味しますし、

本質が開花すること以外に

女性が美しく花開く方法はおそらく存在しません。

                    THE GRACES 雨宮


ご質問があればこちらからどうぞ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/8afd385d399702

GRACES

メルマガ登録はこちらです。

           ダウン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です