言い訳する心理

言い訳する深層心理は自己愛の他何物でもありません。
よく、
連絡すると言って連絡しない人が
「バタバタしてました」
というようなヌルイ一言を言う事があります。
これは実は誰に対して言っているのかわからない空言で
自分の首を絞めるだけの戯言でしかありません。
鈍感な言い訳魔と化してしまっているだけです。
説明と言い訳は違います。
他人はそもそも
他人の言い訳を聞くほど時間を持て余していません。
嫌われたくない・失望されたくない
早く言い訳の元となった課題から逃れたい
怒られるのが怖い
自分の評価に傷がつくのが怖い
人間関係を悪化させるのが怖い
というような自己愛のカタマリは
ただの迷惑行為でしかないのです。
家庭が大変だった
子供の夏休みが過ぎたらそうします
それ急ぐのでしょうか?
今必要ですか。今立て込んでます。
などと寝ぼけたことを言っている限り
一生言い訳を言い訳と気付かず生きていくことになります。
言い訳は他人にとってどうでもいい譫言で
聞く価値がありません。
他人にとって聞く価値のある言葉は
せいぜい説明でしかないのです。
イチローが語る「言い訳」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です