クリニックのカラーコーディネートと香りの合わせ方

設立当初から
クリニックの在り方として「カラーコーディネート」の
スキームが確立されているクリニック様もいらっしゃるんですよね。
「うちのクリニックのカラーコーディネートプランは今から
数十年前にできあがったけれど、
もちろんその当時、こうした香りの演出は存在してなかったよね」
と言ったお話を先日させていただいたので
今回のテーマはこの
香りのコーディネートについてお伝えさせていただきます。
実は、
このクリニックのためのアロマ演出は
もともと、カラーコーディネートをベースとしたものとなっております。
こちらの画像を拡大してご覧ください↓
上の図では病院施設に最も用いられるレモンを例にしています。
レモンのカラーイメージ:果皮とおり、黄色
  
レモン色やクリームイエローは
イメージスケールの中で
やすらかやナチュラルのイメージに該当


病院に相応しい一般的なカラーイメージ:ナチュラルとやすらかなイメージ
このように、香り自体もインテリアやカラーイメージとマッチングさせて
それぞれのクリニック様毎に御提案させていただくのが大前提です。
「アロマ空間デザイン」と名乗ることが多かった経緯はこうしたことからでもありました。
しかしこのカラーコーディネートについていえば
御提案時は あまりに当然すぎる概念で
御客様に お話ししていない事が多々ございました。
御参考下さいませ。

医療施設専門のアロマ空間演出サイトは

こちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です