目の周りのシワができやすい理由

目の周りの皮膚はほおなどの皮膚に比べて薄く、一日に何万回と瞬きをすることもあり実はかなり酷使されています。

しかし何もしないでいると目の周りのシワはもっと深く刻まれる一方です。

皮膚が薄い目の周りをかかとの皮膚と比較してみると、その厚みや肩さや感触はまるで違うのがわかります。

目の周りの皮膚はバリア機能や水分の蒸発を防いでくれる構造など他の部分の皮膚よりも劣るために、しわができやすいような構造になっているとも言えます。

薄い部分はデリケートな部分でもあるので固い部分より手厚い保護やケアが必要です。

特に30代を超えた大人世代の女性に是非チェック頂きたいのが「目の周りの皮膚をどのくらい手厚くケアしているか」ということです。

水分の蒸発は特にしわに大敵ですが、目の周りに他よりも多めにローションや油分を塗布することが 「他よりも手厚くケア」 することの具体的方法の一つになります。

私のエステシャン仲間には「パンダになるくらいにクリームを塗布して眠る」、「目が開かないくらいにクリームをバッチリ塗布して眠る」という女性もいます。
※開かないくらい塗るというのはもちろんたとえです。

シワができてしまうと鏡を見るのも嫌になってしまうかもしれませんが、肌は基本お花と同じで手をかけないと劣化するだけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です