芳香開窮

中医学では

香りによって心身のコンディションをよくする考えを

芳香開ぎょうと呼ぶそうです。

 

漢方薬でも、

匂いのする薬はかなりありますが

その中でも

牛黄

麝香などの

超高貴薬は

この芳香開ぎょう薬というカテゴリーに分類されます。

中医学的に言うと

それは

「よい香りを持ち、

心に入って邪を除き、

意識回復に働く薬」という意味だそうです。

「気の巡り」が重視される中医学ならではの

考えですよね。

麝香や牛黄などの漢方を

舌にのせてしばらくすると

舌だけでなく

嗅覚へ香りが周り、

そして

そして脳へその香りの情報が伝わって

何とも表現できない 感覚を感じるものです。

これが、気の巡りをもたらす

芳香開ぎょう薬。

アロマセラピーは、

漢方薬のように消化管を通すものではありませんが

この中医学の芳香開ぎょうという概念と

ほぼ同じです。

味覚によって元気を取り戻し

毛布にくるまれると安心感を感じるように

嗅覚も同様 人に生きる力を蘇らせる力があります。

こうしたことから

クリニックへの香りの適用は、

患者さんへ生きる力をもたらす可能性を

秘めていると言えます。

医療施設専門のアロマ空間演出サイトは

こちらです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です