セルシュルタンス フルルールドレモン 調香4 

セルシュルタンス フルルールドレモンを天然香料のみで調香する場合の手記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

調香師セルシュルタンスが創り挙げた香りは
植物の特徴が活かされたものばかりで、
調香技術を向上させるために参考になるものが多くあります。

彼の作品フルールドレモンのレシピは、レモン、レモン花、ハニー、チュベローズなど。

蜂蜜の代わりに、蜂蜜のようだと言われることの多いメリッサを代用します。

ちょうどこのメリッサの別名はレモンバーム=レモンの
蜂蜜とも言われていますので、
この香りを調香する上で代用の香りとして用いるのに適しています。

本作のレモン果皮の役割は、ブレンド比率が一番多い香りでありながら
レモン花の香りを引き立てるための 「脇役」 に過ぎません。


単体で嗅ぐとレモン果皮の香りは割と苦味が強く感じられる香りですが、
レモン葉、スパイスの香りをいくつも重ねることで苦味が消え去り、
品の良いレモン花を引き立てる最高の脇役としての役割を果たします。


数滴ブレンドされるに過ぎないレモン花という
主役のために全ての香りが共存するかのような香り、
それがセルジュルタンスフルールドレモンの香りです。

 

アロマ空間デザインはグレイシーズ
http://www.jwurgraces.com/asd2
仙台市青葉区中央4-9-15仙台中央マンション802
tel 0222900219

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です