目尻のシワには上皮成長因子を活性化させる化粧品

老け込む印象を決定付けるの目チカラです。

目の周りの肌の状態に元気がなくなると、やっぱり老け込んだ印象をつくってしまいます。

目尻のシワ対策はEGF

表皮細胞減少表皮細胞皮増加

左が表皮の薄い肌、右が表皮の厚みが増した肌です。
これがちょうど、シワになりやすいコットンとシワになりにくいフェルト地に例えられます。

shiwa felt

シワの寄った状態のコットンが、表皮が薄い肌。
表皮に厚みがあり多少折ったりしてもびくともしないのがフェルト地です。

多少の乾燥にも影響されない 目の周りのスキンケアは「情報伝達物質」という仕掛けを行っている化粧品が有効です。

正常な肌細胞が生成できない状態は、細胞のコピー(複製)が前より上手くできなくなってしまっただけです。
複写ができるだけ前(若い時)と同様に行われるように、うまく複写できなくなってしまった機能を調整するを強化すればいいだけです。

もともと女性が持っている53個のアミノ酸を正確に複製させるために必要なのは、上のフェルト地のように厚みのある上皮をつくる「上皮の成長因子」。

上皮成長因子を活性化させるコスメについてはエステサロンでお尋ねください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です