敏感肌のスキンケア

こんにちわ

今日は敏感肌についての話題です。

なぜ今か?ですが

冬で寒くなると、肌が乾燥気味になり
敏感肌タイプの方にとってもっと過酷な条件が揃ってしまうからです。

サロンでも
けっこういらっしゃるんです。

敏感肌タイプに傾きがちな女性が。。。

合わないコスメを使って
または
刺激が強すぎたコスメを使ってしまって
肌荒れを起こしてしまった経験が誰しもあると思います。

スクラブ入りの洗顔料でごしごししてしまった
などなど


ピリッとした感じがして
あれ?
と思い、しばらくすると

赤っぽくなっていたり
少し経ってみるとカサカサボサボサの肌質になっていて

やっちゃった・・・・
と いう経験です。

 敏感肌に傾いてしまった肌をどう改善していくか、
お客様の事例を簡単にご紹介しながら
その改善の考え方をお伝えしていきたいと思います。

でもそもそも敏感肌は何か?ですが

角層(角質)が荒れた肌のことで
ストレスや体調の変化、
外部の刺激などにより角層のバリア機能が弱まり、
肌が本来の機能を果たせなくなっている状態を言います。


バリア機能が弱まるので、
紫外線の影響を多分に受けやすくなりますし、
肌の水分が蒸発しないように役割をになってくれていた部分が

弱ったために余計に水分を失いやすくなります。

原因は上のコスメ以外に
ストレスや
食生活で受けたアレルギー反応によって引き起こされるケース
腸内環境
他の症状で処方されたステロイド剤によって肌の炎症を起こしてしまうなど
様々な事が考えられます。

サロンで敏感肌ケアのメニューをお受けになるお客様は

軽症から クリニックで薬の処方を受けた方まで様々です。

つい先日敏感肌スキンケアのメニューをお受けになった女性は
あるとき刺激の強い洗顔料を使ってしまった ことから
まぶたが ガサガサになり・・・
笑うと口元の肌が ぴりっ!と破れるような感覚にまでなってしまった
という女性です。

「冬になって乾燥しますよね、笑った時に口元が割ける感じがして

どうしようと思いました。
 とりあえず自分で何とかしようと思って やってみましたが、
 治らないんです。 こんなに大変なの?と
思いました」

という経緯で当店の 敏感肌メニューを見つけてくださったとのことです。

敏感肌のスキンケアポイント

・十分な保湿
・十分な油分
・腸内環境を整える事
・ストレスの元を絶つこと

・肌の刺激になるような触り方を絶対にしない事

です。

あら?

ふつ~でしょそれ、

と言いながら

 敏感肌に傾いてしまっている方は

本当の意味でうえの5つができていないはずです。

ちなみに

上の女性に普段のコスメの塗布の仕方を行っていただいたのですが

塗布の仕方が 肌を傷つけるようなやり方でした。



けれどこちらのお客様だけでなく結構

あらゆるコスメの付け方が 雑になっている方は結構います。


貴女はどうでしょう?

無造作に肌をなでつけるように

コスメを付けていませんか。

もし
クレンジング剤で肌荒れ」が起こったとしても、
他の誰も貴女の肌を良くしてくれません。
究極は全て自己責任です。

サロンの役割は
スペシャルケア
スキンケアの方法を間違っていたら それを教えて差し上げる事、
壁にあたったときアドバイスをする、
道を外れそうになってたら、それていますよと教える。

その人の肌のコンディションでよりよい方向に向かうよう最短距離をサポートすることです。 

決して魔法は降りかかってきません。
貴女の肌にじっくりと向き合うのが必要です。

もう入らない!というくらい満タンな水分でたっぷり保湿を行い、
たっぷりの油分で蓋をしてみてください。

早ければ数日後

貴女の肌はそれに応えてくれます。

一緒に健やかで美しい2016年をスタートしましょう!
同志になりたい人は迷わずメルマガの登録をしてください☺

ブログよりも濃い配信をおこなっています。

           ダウンダウンダウン


IMG_20151224_003826577.jpg




完全プライベートサロンで、

特別な時間をお過ごしいただけるよう心よりお待ちしております。

Royal Esthe Salon

THE GRACES


サロンインフォメーションはこちら



IMG_20151205_070111212.jpg







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です