リバウンドは失敗じゃない


キツイ食事制限をして

晴れてやせられて

気が緩んでリバウンドした経験はありますか?

ピークでやせられたときの自分の写真と

リバウンドしたときの自分の写真を比較したりして、

お顔の丸さに衝撃を受けてしまったとか、

またはやせられたときに履けていたパンツが

翌年のシーズンでは履けなかった時に

リバウンドに気づいたりするものです。

そのときの貴女の感情はどんなだったでしょう?

自業自得と思えるか

想定内か…

相当悔しいはずですよね。

でもリバウンドしたからといって

何も終わっていないし、

ずっと増量したままだと誰かに宣告されている訳でもありません。

1 こんなライフスタイルを送ったら増量した

   ↓

2 こんなダイエット方法でこれくらいの期間で減量できた

   ↓

3 こんなライフスタイルを送ったらリバウンドしてしまった

何を摂取してどのくらい増量してしまうかは

人それぞれ違うので、

究極は自分の身体を自分自身で自己管理するのみです。

でも大切なことがあります。。

リバウンドした人は自分の中での経験値が上がっただけ

です。

理想のスタイルをキープしたければ

上のパターンを繰り返さなければいいだけです。

「はあ・・・・     

 そんなこと言っても仕事がきつくなると

 反動でカロリーも増えし、

 そこは管理しようがなくないですか?

 好きで仕事が増えるわけじゃなんだし」

なんて思うかもしれません。

でも繰り返したくなければ

こう考えるんです。

リバウンドしたことを  失敗と考えない。

そもそもダイエットに失敗なんて存在しないはずなんですよね・・・ 

「減量できて気が緩んだらリバウンドしてしまった」

この事実を自分が失敗という箱に入れてしまうから

失敗になっただけです。
自分が想像した結果が

得られなかった事実があるだけです。

やせて着たい服を身軽に身に付けられる

スタイルのいい自分が理想だった。

だけど リバウンドしてしまったら

もう二度とダイエットしないか?

そのライフスタイルを二度と繰り返さないで改善に結びつけるか

全てはこれに尽きるはずです。

失敗という棚に入れることによって

減量に対してポジティブな思考ができなくなりますが、

それ自体が足かせになります。

そしてそれに気づきにくいものです。

失敗という概念は存在しないし
それをベースに改善していくだけ、

存在するのは

ダイエットが上手く行った

もしくは

改善するかどうか

これだけのはずなんです。

諦めない限り美しく減量できますし
あれがダメだったから今度からはこうしよう・・・と
行動しながら成果を出すだけです。

客観的な数字で計測してモチベーションを上げて行ったり

現実を見の逃がさないで精度を高めたり、
反応がわるければどうすれば上手く行くのかだけを考える。

うまくいくパターンは,必ずあります。

ここ エステサロン GRACESでの仕事の役割は

成功事例のストックによって
無駄な時間をショートカットして差し上げることです。


ダイエットにも段階ややり方が存在します。
これを知らないでやみくもに行うと時間と労力とコストの浪費になることもあります。
効果的だと思っていたものはそうでなかったという事さえあるかもしれません。

そして その仕事の本質は

お客様がやる気を出せるように心と体をリンク出来る状態にすることです。
気分が落ち込んだままでは ポジティブな身体は創れません。
減量は闇雲にカロリーを減らすだけでいいわけではないですよね。

方法論だけではない 感情が大きく作用しています。

スタイルの良さを維持している人は

それなりに失敗を重ねています。

ただその人は失敗と言っていません。

改善しているだけです。
だからスタイルの良さを維持できています。

余計なモノを削ぎ落とした時の

ポジティブな心身は

あなたのライフスタイルまでもポジティブに変えていくはずです(^_-)

貴女は 今の自分の肉体に満足してますか?

年末年始は普段の仕事から離れて

自分に向き合える オフモードの時期。

自分の心身にじっくりフォーカスしてみるのはいかがでしょうか。

素敵な年末を。

THE GRACES

雨宮悠天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です