日本臨床皮膚科医会-いい皮膚の日-

お世話になっている皮膚科医の先生から

情報をいただき、

日本臨床皮膚科医会で年に一度行われているいい皮膚の日の開催で、

芳賀貴裕先生の講演を聴講して参りました。


@仙台商工会議所

美容で扱う肌の領域は「課題とお悩み」であって、

皮膚科で扱われるのは明らかに病理組織。

 

療法家や美容家の仕事は、

命に今すぐ直接係わる事ではありませんが、

日々のコンディションを一定に保ったり、

日々のパフォーマンスを上げたり、
今よりもっと魅力的にして差し上げる事で、

皮膚科領域は命に係わる緊急な病状です。

美容家が顧客に対して何をして差し上げられるのかを考える学びと

いい刺激を頂きました。

しかし、

健康であることは見過ごされがちですが

それは奇跡に近い尊いものです

肉体と肌だけでなく、精神の健やかさに

日々感謝して生きたいものです。

THE GRACES

雨宮悠天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です