香りのライブラリ-モロッカンミントティフレグランス-

香りのライブラリNo one tell but me

~モロッカンミントティのフレグランス~

大西洋と地中海に面しイスラム国でありながらヨーロッパ文化の影響を受けるモロッコ。

アラビアとヨーロッパの文化がミックスされたエキゾチックな国です。

ここで生まれたティが、モロッカンミントティ



グリーンティ(緑茶)を煎じ、ミントを加え甘くして飲まれるこの土地ならではの独特なティです。

モロッコという様々な文化が入り混じる国のエキゾティックさがどんなものか、味覚と嗅覚でそのイメージを与えてくれる

なんとも不思議なティです。


緑茶の精神を賦活させてくれるほどよい刺激と青々しさとミントの爽やかさ、このティからは想像以上の意外性が匂い立ちます。

このモロッカンミントティをモチーフにしたユニークなフレグランスがあります。




エトロパルジャメ オードトワレ

グリーンティの苦味とほんのり感じられる甘みをベルガモットやジャスミンが見事に彷彿させます。

ベルガモットで言ったら、紅茶葉 アールグレイの香り付けとして知られるフレイバーでもあり、そうした香りがする葉を使ったティだと思っていらっしゃる方がいるくらい茶葉との相性が抜群な香りです。

紅茶葉は緑茶を焙煎したものですので当然緑茶とベルガモットの相性も抜群。

さてこのフレグランス革やタバコ、セージやスパイスなどモロッコの市場に並ぶモロッコならではの香りがアクセントにされており、トワレの印象を ”エキゾティック”にしてしまっています。

ベルガモット、日中にも夜にも上品な普段使い出来る香りの一つですが、このトワレはそれだけでは飽き足りない

野心があって冒険も好む女性にはピッタリです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です