ブレスメディック様との提携ヘルスケアについて当店が行う事

今回は、お世話になっている宗像靖彦クリニック様が手掛けられる
ブレスメディックさんとの提携ヘルスケアについてです。

本日は少々長めな投稿になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

健康や美を維持するには、
時間、労力(ひと手間とか継続とか)、コストいずれも必須です。

人の体は
ていねいに、継続してメンテナンスするほど応えてくれますし、
放置したら、当然放置しただけの状態になっていきます。
それらの意識を高く保ったり、
意識を持ち続けようとするマインドがとても重要です。
そして、これからもっと
正しい知識や情報源をどこから摂取していくのかがとても重要になってきます。

それらを いい悪いを振り分けて、
自分自身で健康の舵取りをする時代です。
「病気になったら、困ったら、そのとき考える」というどこか他力本願な意識では、
自分の健康や美を守ることはもはや不可能な時代になっていきます。

というのも、ここ最近、タレントさんの深刻な乳がんの報道を聞くことが増えていますが、
あんなに美しくて、すこやかな女性達が、
がんそのものだけでなく抗ガン剤などの副作用で、
日に日にかつての姿を失っていく様子を見ていると、
胸が痛むと同時に
「誰が乳がんに罹患してもおかしくない」という
文字通りの時代がやってくることの恐怖を感じずにはいられません。

健常者でも一日5000個は生まれてくるがん細胞、
体の機能ががん細胞に勝てない状態だったら?
いつどのタイミングでがん細胞が活性化してもおかしくありません。
乳がんは、
女性の美しさの象徴である乳房を失う(女性性の喪失)ということと、
疾患という二重の重みがある出来事を意味しています。

「今のところ問題ないし、困ったら病院に行くわ」という他人事で、乳がんを捉えている限り、
絶対に乳がんを予防することは不可能です。

検診の結果を聞くだけでなく、
「もっと能動的に女性疾患から守れる方法はないか?」
ということを提案させていただいたのが、
今年2016年4月に、宗像靖彦院長先生と行わせて頂いた
大塚製薬様ならびにトータルケア様主催のセミナーでした。

 

図7

図1
それは免疫機能が正常にパトロールをしてくれるだけの体の状態を保つこと
(がん細胞を死滅させるだけの健常な体でいる事:冷やさない、ストレスを溜めない、体にリスクのある食事を避ける)
が必要なのと同時に、
標的(乳がんの原因とされているエストロゲンの刺激)を定めた予防を能動的に行う方法として、
アロマセラピーを活用していくという提案でした。

 

何も乳がんや女性疾患だけに限りません。
ライフスタイル自体を
そもそも「病気知らずの体」を意識していくことが当たり前の時代になっていく、
それを目指すことで接点を頂いているのが、
ブレスメディックさんとの提携ヘルスケアです。

img_0105

%e5%9b%b32
↑宗像院長秘書の恵さんと

ヘルスケアって、
地味なものではありますが、
自分自身を見つめ、自分自身と向かい合うかけがえのない時間をくれます。
そこでは 身心が本当に欲しているモノが見えてきたり
本音では欲していなかったのに、状況がそうさせたことも見えてきます。
こうしたことは、あまりに地味でなかなか気づけないことが多いですが
全ての女性にとって幸せの形の基礎となることなんですよね。

また、女性は特に心身や肌の悩みが消えたときに、
人生が明るく照らされる感覚を覚えます。
願望で止まってしまっていたスタイル、
チャレンジする前から 無理と決めかかっていたこと、
もっと思うまま すこやかに変わる自分を楽しんで頂けるよう
ブレスメディックの患者様に、
ヘルスケアと、美に磨きをかけることが楽しくなるようなサービスをご提供させて頂きます。

ヘルスケアと美が融合した当店ならではのトータル&パーソナルケアについては、
宗像靖彦クリニック様で、パンフレットとしてご覧いただけるように予定しております。

皆さんにとって
当店のヘルスケアと美容のトータルケアが 
お客様個々、本来欲していたのあり方としてご提供させて頂く機会になりましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です