サプリメントを摂取する意味

「サプリメントってなんか期待した割には効果ないような気がする」と思ったことはありませんか?

実際にサプリメントを購入したはいいものの、一袋購入して飲むのをやめる 「離脱者」はおよそ8割超にも及ぶそうです。
ほとんどの人が効果を実感しないままやめてしまうんですね。

でもそもそも「サプリメントを飲む目的」が分かっていれば捉え方も違ってくることもある、というのが私からの提案です。

そもそもサプリメントは何で出来ている?

何気なく体に有効的だからサプリを飲んでみたと言う人が多いと思いますが、もちろん魔法の粒ではありません。

WIKIPEDIAによると、サプリの定義は以下のとおり。

  • 不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養を補給するために摂取する。
  • ハーブやダイエット食品など多岐にわたる種類がある。
  • 位置付けとしては 健康補助食品

つまり、サプリの多くは食品ですが、私達が普段の食生活で摂っている食事からの栄養素とほぼ近いものだということです。
食事で日々心身が目覚ましく変わる事ってそんなにありませんよね。

サプリメントと日々の食事の大きな違いは、「サプリメントは有効成分を単離したり抽出したりして効果が発揮されやすい状態になっている」ということにあります。

サプリの効果的な活用の仕方

サプリの摂取で劇的な効果を望むよりは栄養補助として考えるのが効果が上がりやすいです。
サプリは得たい効果をよりスムースに結果を出しやすくするために、有効な成分が予め集められているだけ。

飽くまで補助的な役割で、全ての望みを託ものでもないということです。

サプリメントは、飽くまで補助的な栄養摂取。
基本は食事からの栄養吸収と考えるのがよいでしょう。

仙台のエステ グレイシーズ
http://www.jwurgraces. com/
仙台市青葉区中央4-9-15仙台中央マンション802

tel 0222900219

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です