印象派の画家達

宮城県美術館では
モネを始めとする印象派の画家をフューチャーした
ポーラ美術館のコレクション展が開催されている。

img_0180

img_0179

ある画家から、
「沢山の画の中で、見る人の足を止めてしまうくらいの作品力を持つ画」
ということについて聞いたことがある。

このコレクションの中で言うと
自分にとっては
ピカソとシャガール
そしてルドンのアポロンの二輪馬車
モネの水連がそう。

画き手の魂が乗り移ったかのような気がしてならない。

お蔭で
新しい香りの着想が浮かんでしまった。
やっぱり芸術と調香は切り離せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です